Top > 購買力平価

購買力平価

購買力平価とは、為替レートの妥当性を決める要因として、両国間の物価のバランスで決まるという仮説。たとえば、1ドル100円のときにコーラ350mlが日本で100円で、米国で1ドルで売られていれば適正レートとなる。 購買力平価に基づけば、たとえば日本で100円でアメリカでは2ドルだとしたら、円が強すぎるので今後は円安に動くのではないかと推測できる。 同様の考えでビックマック指数という、各国のマクドナルドのビックマックの価格を比較したものやスターバックスラテ指数なるものもある。

FX比較オウについて/会社概要サイトマップリンク集


リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-01-24 (火) 15:54:41 (2764d)