スワップポイントってなんですか?

スワップポイントとは簡単にいうと通貨間の金利差から生まれるポイントです。
長期保有派の人にとって最も重要なのがスワップポイントです。

日本の金利はご存じのように低金利です。
しかしながら海外に目を向けると5%といった金利の国もごろごろ。
そのため、通貨間で金利差(スワップ)が発生します。

日本の金利が0.2%オーストラリアの権利が5.2%だとすると
5%の金利差(スワップ)が発生し、利息として受け取ることができるのです。
しかも通常の定期預金とちがって「1日単位」で受け取ることができます。
毎日お小遣いが入ってくるようで結構うれしいものです。
長期で保有すればそれだけスワップポイントを受け取れることになります。

通常であれば日本の方が低金利ですので外貨の「買いポジション」のときにスワップポイントを受け取ることができます。

一方で外貨の「売りポジション」のこきにはスワップポイントを支払うこといなります。


※スワップポイントは取引会社によって違いますのでスワップポイント重視派の人は高スワップの業者を選びましょう。
※スワップポイントは相場状況により拡大または縮小する場合があるので取引時に確認するようにしましょう。


[参照:高スワップの取引会社]