スプレッドとは?

スプレッドとは、通貨の買値(bid)と売値(ask)の差額のことです。
たとえば105円10銭/ドル買い(bid) 105円20銭/ドル 売り(ask)だとすると
スプレッドは10銭になります。(105円10-20銭といった表記になります。)


このスプレッド条件で、(円売り/ドル買い)の取引を同時にしたと仮定すると、
ドルを買いたいときは105円20銭で購入し、
売りたいときは105円10銭で売るわけですから、
差額10銭がマイナスとなります。


したがってこのスプレッド幅ができるだけ小さい方が有利な取引ができるというわけです。
特に頻繁に売買するような短期の方には損益に大きく影響していきますので、
スプレッドを注意して取引会社をえらびましょう。


また、通貨ペアによってもスプレッドは様々ですので、
自分がメインで売買したい通貨ペアのスプレッドが安いところを選ぶのがポイントです。


※スプレッドは相場状況により拡大または縮小する場合があるので取引時に確認するようにしましょう。


[参照:スプレッド1銭~の取引業者]