システムトレードとは?

システムトレードとは、一定のルールに従って機械的に売買する取引手法のことです。具体的には相場の買い時、売り時をプログラム化し、その売買システムに従って取引することで、投資家の人間の感情的なものや主観的なものをすべて捨て、客観的・機械的にトレードを実施するためのものです。

一般的なシステムトレードの場合、売買システムを投資家が独自に作成する必要があります。そして、その売買システムに従い、投資家が機械的な売買を繰り返さなければなりません。このシステムトレードに対して、主に投資家の経験と勘に頼る取引手法を、裁量トレードと言います。

FXをしていると、儲かっていてもう少し!と欲がでたり、損をしていてもう少し戻してから!と損切りができなくなってしまう場合があります。

FXシステムトレードによって、投資家の経験による判断や、人間の感情的なものや主観的なものを排除し、機械的に売買する仕組みをFXシステムトレードと言います。

FXシステムトレードとは、
1.過去のデータと、現在のデータを入力する
2.設定してあるルールで、現在の市場を客観的に評価する
3.売買のタイミングを指示する
このように、投資家はFXシステムトレードの指示通りに、売買を繰り返すことになります。

最終更新日: 2009年 11月10日 13時22分